このページが読みづらいときは、ページの横幅←→を縮めてみてください!

[ タイトル一覧|前のレヴュー|次のレヴュー|新着分 10.17.2009]


『How to lose a guy in 10 days』 ★★★★ 高度な恋のスパイスに(笑)
ケイト・ハドソン/マシュー・マコノヒー

これも楽しいですよね? けっこう笑いました。笑ったんだけど、でも、やや「・・・」と割り切れない気持ちも残ったんですよね。
アメリカ映画では、男の映画と女の映画があるということになっていて、本作中でも登場するメグ・ライアン「めぐり逢えたら」、その脚色元である 「めぐり逢い」が女の映画の代表、ということになっています。ではこの映画はどうでしょう? このあたりが、咄嗟に判らないようにできているということが僕の「・・・」という感じの源であり、実はこの映画の肝なのではないか、と思ったのです…。

10日間で男に捨てられるには、というハウトゥ記事を書くことになった雑誌ライターのヒロインは恋人に嫌がられるようなことばかりをします。「めぐり逢えたら」に連れていくのも、当然その一環、男がいちばん嫌う映画に連れていく、というギャグなわけですね。一方主人公はダイアモンドの広告を担当するために女心を捉えることが巧い、と証明してみせる賭をしているためにどこまでもヒロインと別れられない、というのが、この映画のドタバタ部分なわけです。ところがこのヒロイン、ニックスの大ファンで、ほんとはとてもさばさばしたボーイッシュなひとで、いかにも男のコに都合がヨさそう、男のコはこういう“話せる”女のコが恋人だったらいいんだよねぇ、という感じで描かれています。しかも見た目は超セクシー、ということで、まさにアメリカの男の理想のGF、みたいなイメージです。
しかも彼女がやってみせる男の嫌がること、というのが女々しさのカリカチュア、みたいなことばかりで、男性どころか、同性が見ても、こんな女はいやでしょう。一方主人公は、広告会社のビールやスポーツ用品といった男性用商品担当専門、むくつけき男の独り暮らし、自由気ままな独身生活を謳歌、ということで描かれています。車じゃなく、バイクに乗ったりして(笑)
ところがこの彼、汗臭く筋肉質なだけでなく(笑)ハンサムでキュート、実は「めぐり逢えたら」も好きみたいだし、料理はするわ、家族好きだわ、ということがだんだん判ってきたりします。

ということで、もう説明するまでもないでしょうが、これはハーレクインに代表される、ロマンス小説とまったくおなじ構造を持った作品、見事な女の映画、です。 さばさばしているけどセクシーなヒロイン、というのも、実は女性の納得のいく愛される女性像だし、この主人公の当初のいかにも男男した感じ、というのも実は女性の嗜好をむしろ満たすものであり、女性の理解が容易な類型的な男らしさのマンガ、安心できる、御し易い男らしさ、でしかありません。人間としての内実は何もなく、ただヒロインを(最終的に)とてもいい気持ちにさせることをgoalにあつらえられたお人形、というのが彼です。「何よ、このマッチョでデリカシーのない男!」と思った男になぜか惹かれてしまう私…というのはロマンス小説の大定番、ですよね。まぁ、王子さまにもそれなりの難がないとリアリティがない、というのか、実は彼が王子さまだったんだわ!と気づくところにカタルシスがある、ということでしょうか(笑)
ロマンス小説というのは要は女性向きのポルノだ、と思うのですが、ポルノとは、一方の性の都合に合わせて異性をfantasizeするもの、と大きく定義できるでしょう。だから所謂男性向きのポルノが女性にひとつも面白くないのも、ロマンス小説が男性に普通面白くないのも、当然のことでしょう。
けれど、女性のなかにはソフトできれいなポルノなら、恋人と見ても刺激になる、というような“話せる”(笑)女のコだっているように、この映画をBFと観て一緒に大笑いした後、彼をやや「・・・」と割り切れない気持ちに落とし込んで凹ませたり、チクチクいたぶってみる、というのも、これはひとつ、高度な恋のスパイスとして(笑)アリ、かもしれないなァ、と思います。・・・まぁ、よくない趣味ではあるでしょうが(笑) (2004.8.27)

**DVDプレーヤー本体もAmazonなら自宅まで配送料無料でデリヴァリー!**

**ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」ぽすれん**

[ タイトル一覧|前のレヴュー|次のレヴュー|新着分 10.17.2009]

[yuichihiranaka.com Home]

↓このページが「面白い」と思ったら ....こちらのサイトもcheckして下さい↓

*Thank you in advance!!*


Copyright © 2004 yuichi hiranaka World Club. All rights reserved. 1
...page topへ