このページが読みづらいときは、ページの横幅←→を縮めてみてください!

[ タイトル一覧|前のレヴュー|次のレヴュー|新着分 10.17.2009]


『Kissing Jessica Stein』 ★★★ プルースト的葛藤。(笑)
ジェニファー・ウェストフェルト/ヘザー・ジャーゲンセン

アメリカの男にはホモに対する恐怖感、とってもいい強い抵抗がある一方で、レズが大好きなんだなぁ、というのはたとえばポピュラーなところでTVシリーズ 『Friends』 なんかを観ていてもすぐわかりますね。確かに、日本の女のコたちは最近そうでもないですが、韓国の女のコふたりでいると始終手をつないでいて、たとえばTVに出てくるきれいなタレントの女のコ同士がそれとなく手をつないでいたりするのをみると、まぁ、はっきりいって、男性にはなかなか、訴求するものもありますね(笑)何かの“罠”なんじゃないか、という気さえします(←謎か?)
 とはいえ実際のセックスまで想像すると、いくら男がHとはいえ、さすがにやや腰の引ける部分もあるかもしれません。というわけで、レズビアンが大きなモチーフのこの作品、アメリカの大衆映画では不可欠、といってもいいベッドシーンがない、という珍しい結果を生んでいます(暗転で処理)。
 しかしこれもまた観てもいい、わりに楽しい映画になっていると思います。ほんとうのゲイの人たちがみるとどんな感想なのかはちょっとわかりませんが、やはりコマーシャルにスポイルされてはいるんでしょうね。でもまぁ、それは、いま、この世界でポピュラリティを得るもの、全てにいえることですから(笑)

 3ヶ月後、3ヶ月後とつないでいく構成上、それほどまとまりがあってよく出来ました、となるタイプの作品ではないですが、おしゃれ映画っぽいイメージもあって、そこには ブラッサム・デアリー で始まりブラッサム・デアリーで終わるという(途中にはMANHATTAN、エラのテイクも使われてました) 音楽の力 、というのをまたしても強く感じるところですね。
 スポイルされているためかどうかはともかくも、結局これはレズビアンの話、というよりも女のコたちの友情、girl frinedsの話であり(そのあたりの説明を、ご主人に対し奥さんがロマンティックな愛情の対象として扱われていないといってけんかになる、という場面はアメリカの映画やTVでは見かけますが、そういうもの、あるいは逆に「セックスばかりで会話がない!」という若い恋人たちの諍いといった、ストレートの人の恋愛の姿にいわばなぞらえて描かれているところは、あざといかもしれませんがやはり少し面白いですね)、そして多分みんな好きなのが、お母さんが、ヒロインの5年生の時の劇の主役の話をするフッテージだと思いますが、そういうあたりで、これはやはりひとつ、大きく女性映画、とくくってしまったほうがいいでしょう。(最近かなり増えてきた、都会的な話だけど真正面からそのまんまユダヤ人社会の映画、でもあります)
 ・・・うーん、しかし、実際のレズビアンの人は男に関心ないだろうから、当然男からみてそう魅力的なアピアランスはしていないと思うのですが、女のコ同士の友情が、こんなふうに、いわばレズと紙一重であるとするならば、きれいな女の子がふたりいて仲がよさそうだと、やっぱりあのふたりも、その、紙一重なのか、というような、Hな妄想というか プルースト的な葛藤 というか(笑)に思わずとらわれてしまうわけで、いや、男は死んでも直らないというか(笑)殆んどビョーキに近いものがあるわけですね(=マテリアルとして、根拠なく、無前提に、既に女のコが好き!)・・・ねぇねぇ、やっぱり“罠”なんでしょう? じつは“わざと”(男がみている前で手をつないだり)してるんでしょう?(笑)
 最後、それぞれの夢をとり戻す、というようなロマンティックな格好で、ヒロインは絵を描き始め、彼女のexである上司は小説家を目指すわけですが・・・。うーむ。確かに、小説をフランス語でいえばロマン、なくらいで(笑)小説家、というのもめちゃくちゃロマンティックな仕事だ、というのはその通りなんですが。。。いや、この僕がいうのだから、ほんとうですよ(笑)。
 ・・・余談ながら、小説といえば前回の文春2賞、若い女のコがふたり揃って受賞となり、たいへんな大成功でしたね。僕はちらっと授賞式の写真を見ただけですが、なんにせよ、やっぱり女のコたちが嬉しそうにしている姿は見ていて気持ちのいいものですね。・・・日本語だとちょっと感じがでないのですが、韓国語だと、
《アプロド・ケーソク・オンニ・トンセン・ハミョンソ・サイチョッケ・チネラ!》
というような感じですかね。いや、ほんとに(笑)(2004.2.26)

**DVDプレーヤー本体もAmazonなら自宅まで配送料無料でデリヴァリー!**

**ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」ぽすれん**

[ タイトル一覧|前のレヴュー|次のレヴュー|新着分 10.17.2009]

[yuichihiranaka.com Home]

↓このページが「面白い」と思ったら ....こちらのサイトもcheckして下さい↓

*Thank you in advance!!*


Copyright © 2004 yuichi hiranaka World Club. All rights reserved. 1
...page topへ