韓国ドラマの名セリフご紹介 特別コラム 2 =試験中=

↓↓提携アフィリエイトページのバナー。per dayでcheckして下さい。↓↓

このページはアフィリエイトとの提携によって維持されています。ご理解下さい。


~ コラム 「目ん玉グリグリ系」 ~ 1

本業の小説原稿が煮詰まってしまいドラマを見るゆとりがない(僕の本業は小説家で、シリアスな小説を書いています。どうぞよろしく)。
けれどこのサイト、どうも時々トップよりこちらのページのヒットが多いという、やや複雑な心境の(笑)日もあるようなので、とりあえずまた1本特別コラムをお届けします(^ ^)

ゆっくりドラマをみるのは無理でも、もともと音楽ファンでもあり、MV番組をチラチラ見ていると、「ウリ・ヒョン」という映画サントラ中の曲のヴィデオが流れた。
これがまた、Kpopにはアリガチながら、殆んど1本映画を丸ごと観ちゃったような気にさせるMVで、もう、ご馳走様というか、いやー、いいもの見ちゃったなーというか、実は思わず落涙してしまったのだが(笑)これ、ウォンビンが出てますね。ヒョンではなく、ケンカの強いごんたくれの弟役、だと思うのだが、こういう役、ほんとうにウォンビンはイイなー、と思う。
本邦では、例のズボン!と大作りな女の子とやった日韓合作ドラマで《繊細で優しい男》というイメージも一部にありそうだが、たとえば「秋の童話」の情熱的で一本気だがひとの気持ちは一切判らない感受性の不具者テソク役とか、それこそ「コッチ」のミョンテなんかのほうがはるかに彼にははまり役、というイメージが僕にはある。
「コッチ」は僕が観た中では心に残る韓国ドラマ3本の指に入るかもしれないし名セリフの宝庫だったようにも思うが、50回連続だけにもう1度見る決心がなかなかつかないでいるが、「ウリ・ヒョン」での役もこちらのライン、ウォンビンならでは!のはまり役、のようだった。

 いまの日本での韓国ドラマの支持の中心はご婦人方だろうから、やはり女優より男性俳優により注目が集まっているだろう。そんななか女優にばかり目を奪われているこちらのページはやや異色かもしれないが(笑)いろいろみていると男性俳優についても多少は思うところもでてくる。たとえば二枚目役、主役俳優たちを見ても、日本とはやはりかなり違った雰囲気・タイプにその中心はあるようだ。

 まず、どこをとっても爽やかな美男子、というタイプがある。これだって、いまの日本ではなかなかないタイプだ。たとえばチソンやチョ・インソン。パク・ヨンハなんかもこの系かもしれない。これが齢をとると、アン・ジェウクみたいになるかもしれない。

 次にいかにも韓国らしいというか、韓服がすごく似合いそう、というタイプがいる。
ここにはまた顔立ちで優男系とワイルド系があって、優男系、というのはやや女顔というか、お化粧をしても似合いそうなタイプで、たとえば殺人微笑ことパクパク金魚のキム・ジェウォン、そして狐目の男ことソ・ジソプなんかがそうだ。百済観音系、といってもいいかもしれないし、文人系、といってもいいかもしれない。
一方ワイルド系は、といえば「永遠の愛」のチャ・インピョとか「砂時計」のチェ・ミンスのイメージだ。僕らのイメージする韓国人の男像にいちばん近いのがこのタイプだろうか。馬に乗って草原を走りそうな感じもするし、武人系、と呼んでもいいかもしれない。

 さて。じつはここにもう一タイプ、目ん玉グリグリ系、というのが大きくあると僕は見ている。この出自は、どんなに画面の端であっても片時もじっとしていない芸達者のチェ・ジェヒョン、彼が「ピアノ」劇中で
「オックアン(役名)は男前さ、目ん玉グリグリだしさ」
といわれていたことによる。
ほかには髪の長い男ことシン・ソンウや、ぱっと見arrogantのキム・ミンジュンも念頭にある。そしてどうもウォンビンも、じつはこの目ん玉グリグリ系に入っているのではないか、というとさて、どうであろう?
 先の「ウリ・ヒョン」のヴィデオクリップなど、ウォンビンは、観れば観るほど芸風としてもチェ・ジェヒョンに一脈相通ずるものがあるように思うのだが…。
そしてさらに、どうも最近チャ・ドンゴンも、この目ん玉グリグリ系に入るのではないか、という気がしてきたのだが…。話がどんどん紛糾しそうなので、このあたりで擱筆とする。
2004 © yuichi hiranaka


< コラム1 コラム2 コラム3 >

[戻る] [このサイト WorldClub のホームページを見てみる]

copyright 2005 iHIRANAKA, yuichi hiranaka WorldClub. All rights reserved.

韓国ドラマ。DVDで観るなら...日本盤他輸入盤 | ネットで観るなら...Show Time
映画「ウリ・ヒョン(うちの兄) 」…予告編がネットで見られますね。


音楽ファンは... [K-pop Junction]

cover Kiss~韓国・ドラマティック・ラブ・ストーリー
これはすごい。怒濤の韓国ドラマ主題歌集。 収録曲 ラブストーリー〜 Who are you?:キム・ジョハン/屋根部屋のネコ/モデル /ポップコーン /愛するあなた〜 I’m still loving you/秘密〜お前だけのための愛:シン・スンフン/ボディーガード/茶母 /ジュリエットの男〜ある欲望:Space A/太陽の南側〜君のそばで:リネ/天国の階段〜会いたい/美しき日々/オールイン〜初めて出逢った日のように/夏の香り/冬のソナタ〜最初から今まで/ただいま恋愛中〜Falling/明朗少女成功記 /守護天使/愛人/初恋 ...などなど
2枚組CD ¥3,150 ....さらに詳しく


【しんなら】ドラマを観て「あ、このご飯おいしそう!」と思ったらここへGo!


...page topへ